8つの生活習慣と2つの健康指標

1997年度から医療生協が推進している健康習慣です。病気の原因を除く一次予防から一歩進んで、病気になる前に生活習慣をあらため、健康を増進する具体的な指針としています。2005年度に改定し、健康指標もより科学的な内容に改定しました。

組合員の保険予防活動としての「健康習慣」~8つの生活習慣と2つの健康指標~

健康増進の生活習慣

  1. 生活リズムを整え快適な睡眠をとる
  2. 心身の過労を避け、充分な休養をとる
  3. 禁煙にとりくむ
  4. 過度の飲酒をしない
  5. 適度な運動を定期的につづける
  6. 低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる
  7. 間食せず、朝食をとる規則正しい食生活
  8. 1日1回以上よごれを落としきる歯みがきをする

健康指標

  1. 適正体重
    BMIが18.5~25の適正体重を維持する。
    体脂肪率は男性25%未満、女性30%未満を維持する。
    腹囲は男性85cm未満、女性90cmを維持する。
    BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  2. 適正な血圧をめざす
    安静時血圧を最高130、最低85mmHg未満をめざす。
    年一回、健康診断を受け、全身チェックをおこなう。

看護師の採用に関するお問合せ

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2017 北医療生活協同組合 本ページのすべての商標と著作権はそれぞれの所有者に帰属します。