くらしにゆとりを・・・

生き生きと健康なこころで暮らしたい・・・みんなの願いです。

「昨日より今日が、そして明日が一層意欲的に楽しく生きられる」、このことはこころの健康が保たれてこそできます。しかしながら、効率が優先されたり、時間に追い立てられる現代社会の中では、私たちはいつでも「こころの不健康状態」におちいりやすくなっています。

こころが不健康だと感じたら、こころの健康を取り戻しましょう。そのお手伝いをすることが、私たちスタッフの仕事です。スタッフはいろいろな角度か ら対応できるよう、さまざまの専門職(医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・社会福祉士・栄養士・調理師・事務)がおり、チーム医療を実践しています。

私たちのユニフォームは、笑顔です。

私たちスタッフは、皆さんが気軽にクリニックに訪れることができるように、訪れた方がホッとくつろいでいただけるように、ゆっくりと何の気がねもな く相談・受診でき、優しい気持ちで帰っていける・・・そんな診療所にしようと、さまざまな工夫をしてお待ちしています。でも何より大切なのは、迎える私たちの「いつもと同じやさしい笑顔」なのではないでしょうか。

こころの健康を保つくらしづくり

相談にもお気軽にお越しください。こころの病を早期発見・早期治療することも大切ですが、人間らしく生き生きと日々の生活を送るためにも、次のことに気をつけたいものです。

  1. 日常生活のリズムを大切に
    夜、心地よく床につき、朝はさわやかに目覚めるなど生体リズムを大切にしたいものです。
  2. 自分らしさを大切に
    得手不得手を知り、生活に幅とゆとりを持たせたいものです。
  3. ストレスをこころの成長の糧に
    ストレスを逃げてばかりいますと、かえってそれがストレスになります。時にはストレスに立ち向かい、乗り越えることができれば、それは自信につながるでしょう。
  4. 相談しあえる家族や仲間を大切に
  5. こころに疲れを感じたときは、休養をとりましょう

看護師の採用に関するお問合せ

▲ このページの先頭にもどる

© 2013 - 2017 北医療生活協同組合 本ページのすべての商標と著作権はそれぞれの所有者に帰属します。